外資系秘書の求人探し

外資系の秘書は年収1000万円を狙えるお仕事であり人気の求人でもあります。秘書に任される仕事の範囲も多岐にわたり個人の裁量に任される部分が多く、なりたいと思う女性も多いようですね。

 

そんな外資系秘書の求人はどのように探せるでしょうか?ひとつは人脈をたどることが挙げられますが、いまやネットの時代。

 

求人探しのお手伝いをしてくれるコンシェルジュも活用しながら自分にぴったりの会社を探して行きたいですね。

 

外資系秘書の求人を提案してもらっちゃおう!

いわゆる転職サイトと呼ばれるサイトには2種類ありまる。

 

自分で求人案件を検索して自分で応募していくパターンのものと、登録することでコンシェルジュに担当してもらい要望を伝え、要望にマッチする求人を提案してもらうパターンです。当サイトでは後者のほうをおすすめしています。

 

コンシェルジュに担当してもらうと、求人の提案だけでなく、面接のアドバイスや、企業対策がしっかり盛り込まれた履歴書・職務経歴書の書き方を支援してもらうことができます。せっかくの転職の機会なので慎重にコンシェルジュのアドバイスを聞きながら進めて行きましょう。

 

転職サービスをピックアップ!

 

  • リクルートエージェント
  • 外資系に特化したリクルートのサービスがこちら。求人数も豊富でコンシェルジュの対応力も良いです。具体的な案件を提案してもらって1件1件吟味していきましょう。

     

     

     

  • JAC Recruitment
  • 外資系・海外求人専門のサイトがこちら。こちらもコンシェルジュが300名体制で転職者の支援をしてくれます。外資系秘書の求人探しも問題なく可能ですよ。

     

     

 

秘書業務のキャリアややりがい

これから初めて「秘書」というお仕事に就こうと考えている方のために、どのような仕事なのか、何に気をつけるか、身につけられて嬉しい事など、体験をもとに書いてみます。

 

社長秘書の仕事は社長のスケジュール管理や、あらゆる必要なものの手配や管理がメインとなるお仕事です。一般的な秘書業務の範囲内で基本的な部分と思いますけど、様々なことが必要になります。

 

秘書はどこへ行くにも何をするにも知識や教養が必要となるので、いつも勉強が必要であり、そのおかげで社会人としても女性としても非常に高いスキルを身につけることが出来るでしょう。特にグローバルな日系企業や、外資系の秘書の場合は英語力と情報処理能力を向上することができるはずです。

 

私が転職したときにはすぐに求人も見つかり管理職につくことができました。敬語や所作も徹底的に身につけることができため、女性としても成長することができますよ。

 

さらに、なかなかお会いすることが出来ない方とお話できたり、自分では行くことのできない場所にいくという貴重な経験や、社長が安心して仕事を任せて頂けたときにはとてもやりがいを感じることでしょう。

 

業務の中では、商談のセッティングや食事の手配まで行うので、取引先の詳細や担当者の食事の好みまで、細かく覚えなければならなかったのが大変になりますが。過去の履歴から細かくファイリングして、なるべく頭の中に留めるように努力すれば大丈夫です。

 

そして会社の重役をはじめとした社員や、社長の家族まで広く注意をむけていなければならないので、広い視野を必要とされたり、女性が多い職場環境の場合は、人間関係を円滑に保つよう働きかけられれば、さらにうまくいくと思いますよ。